2010年10月28日

天国までの・・・

この前、図書館で借りてきた

『天国までの百マイル』(浅田次郎)を読みました。

映画化もされたメジャーな小説なんですが、
あらすじも知らず、読むのは今回が初めて。

乱暴に言えば、
「人生に失敗しかけた40男の親孝行ストーリー」なんですが、
まぁこれがホンマにええ話で泣けて泣けて

浅田次郎って言う人には、
今までも何回か泣かされましたが、
今回が一番泣きました。

読んだ後は逆にスッとして、
なんだか変なパワーも湧いてきたし、
読んでみて良かったと思います

読みやすくて、時間もそんなにかからないと思うので
「読書の秋」のとっかかりにはいいのかも知れません。

ただし、
人前で読むと泣き顔を見られてしまうので、
ひとりでこっそりと読むことをオススメします

toshitoshi0704 at 17:28│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。